FC2ブログ

バルブタイミングの正確な作動と適正化を目指しました!!

毎日沢山のアクセスを賜りまして、誠にありがとうございます。


既に出品させていただき早速ながら落札いただいておりますが、「XR250 モタード BAJA XR250R カムASSY強化セット 」をご紹介させていただきます。
イメージ 1




実を申しますと、以前に一度だけテンショナーCOMPのみを出品させていただいたことがありました。

その時は部材を手配するルートがきちんと確立していなかったため、継続的な出品はできませんでした。
また、当方の出品活動も本格的ではなかったため一度はお蔵入りと相成りました…



今でこそ当時の実装テストの結果を踏まえて、「XR250シリーズ」の各オーナー様に信頼性とさらなる高耐久なエンジンに仕上げるべく、強化シリーズとして正式にラインナップさせていただいた次第です。



現行XR250(MD30)エンジンにおける本来の性能は、トランスミッションこそ違いはあるもののレーサーであるXR250R(ME08)エンジンユニットであり、もちろんエンジン構成パーツはご存知のとおり互換性があります。




この互換性を利用してエンジンヘッド内のカムシャフトをレーサー用に交換するだけで、バルブのリフトフィールが変更でき吸排気がパワフルになります。

この手法は以前からよく利用されているチューンのひとつですが、これに軽量化されたカムチェーンギアと強化カムチェーンを組み合わせることでカムシャフトASSYは完璧と言えます。



しかし、今までのXRシリーズの中では無かったトラブルがMD30には起きるようになりました。それはカムチェーンの伸びに対して常に弛みを安定させなくてはならないセクションである『テンショナー』の効きがあまいということです。
イメージ 2



本来ならば、レーサーと同じパーツを使用すれば少なくともカムチェーンの伸びは少ないのですが、MD30では重いカムシャフトギアを回さなくてはいけないところに、レーサーより軽い(=弱い)カムチェーンを採用しているので当然これに応じた設計ですから押さえが緩い(=軽い)テンショナーなので、早いチェーン伸びに対してテンショナーの稼動範囲も少ないためにリニアな動きができないことによって起きる『固着』の発生する可能性が非常に高いのです。


イメージ 3



この弱いテンショナーCOMPはレーサーXRも共通パーツとして採用されているものの、こちらは前述したように軽量カムギアと強化カムチェーンのおかげで固着の可能性は幾分少ないのですが、結局は共通パーツなのでできる限りトラブル要因は除きたいものです。

イメージ 4



そこで当方では純正パーツを見直して、デメリットであるテンションの効き具合を強化することでカムチェーンの弛みを常に適正化し、リニアに稼動させて固着を予防することにより振動によって起きるスプリングの金属疲労切断も併せて防ぐことを図っています。これに、レーサーXRの軽量カムギア及び強化カムチェーンを組み込むことでカムASSYの強化ができます。

イメージ 5



イメージ 6


このパートは実際にエンジンを分解しないと分かりませんが、XRも高年式と成りつつある現在におきましてOHをする機会を迎えるオーナー様が多くなると思いますので、出品を見かけられた際はこの機会に是非ご検討いただければと存じます。





イメージ 7


※部材調達の都合、定期的な供給はまだ難しいのですがご要望がありましたらなるべく安定したセット手配をしたいと思います。



スポンサーサイト



プロフィール

TWR PRODUCTS

Author:TWR PRODUCTS
初めまして!TWR(Thousand Wave Racing)と申します。
ノーマルを基本としたXR250(MD30)のチューンをしています。あまりお金を掛けずにいじること「チープチューン」をモットーに、いろいろ製作開発しています。個人レベルですが参考になれば幸いです。

自己紹介
根っからのオフロードライダーです!
乗り始めはMTX50から始まりMTX125、CRM250Rと乗り継いで今はホンダ伝統の名車XR250V(97式)を乗って林道、レース、ツーリングといじりまわすに飽き足らず、自分でオリジナルパーツを製作しています。RFVCエンジンやオイル系統ならお任せください!
また、『ヤフオク』をはじめとしてヤフーショッピング・直販サイト・Amazon でも製作品を頒布していますので興味があったらご覧下さい。
モットーは「チープチューン」です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR