FC2ブログ

XR250 / BAJA用 XR250Rレーサーフロントスプロケットカバーの紹介!

いつもアクセスしていただきまして、誠にありがとうございます。

只今ヤフオクにて出品中のオリジナルパーツ『オイルライン強化ボルトセット』につきましては、本当に沢山のXRユーザーの皆様にご興味や実用品としてのご理解をいただきまして、誠にありがとうございます!


イメージ 5

さて、今回はすでに定番出品でお世話になっています【XR250/BAJA用XR250Rレーサーフロントスプロケットカバー】を紹介いたします。

イメージ 6
ブログ立ち上げ後に一応簡単に紹介しておりますが、今回は製作部材の画像をご覧くださいませ。

まず、本体となるXR250Rの純正カバーを受納後一つ一つ検品していきます。
同じ金型でプレス成形しているはずなのですが、意外といい加減なモノ(プレスの甘いものや塗装のムラなどなど…)もあったりで修正作業が必要だったりと、ちょっと困ってしまうこともございます。

イメージ 3

で、このカバーの最大の特徴でありますアンダーアームの部材がこれです。(粗成形後です)
クランクケースに直で取付けするパーツであり、またドライブスプロケットから身体を防御するための耐久性と耐震動性、そして末永く使用してもらうため耐防錆性を考慮しまして、3mm厚のアルミ材(A1系)を必ず使用しています。


イメージ 4

この部材は、鍛造アルミ合金で粘りがあり、引き裂き強度も十分ありまして、航空機や各種ボルト、また工学機器などに多く使用されているものです。身近なバイクパーツだと、レーサーやアフターパーツなどクラッチ・ブレーキの各レバー類(折れないで曲がるタイプ)なんぞがいわゆる鍛造パーツですね。


この部材で、今までにアンダーガードの製作や各種の構造用材として多数使用してきました。


これと、カバー本体をケレン処理いたしまして脱脂処理後、代替溶接法にて溶接いたします。
この代替溶接は、「企業秘密」ということでご了承下さい。あ、ただし巷によく出回っている「デブコン」ではございませんので。というより、デブコンなんか足元にも及ばない強度と耐ヒートサイクル性(冷熱の繰り返しによる剥離)ですので、よっぽどのことがない限りは、まず一生モノです。

溶接作業が終了しましたら、一旦養生して落ち着くのを待ってから脱脂処理後、複数回に分けて塗装処理して完全乾燥したら作業終了となります。

いきなりですが、純正品(リビルト前)と完成品(リビルト後)の比較画像でございます。

イメージ 1

表側の比較画像です。


イメージ 2

裏側の比較画像です。


こう見ると、意外と簡単そうに作れそうなのですが、実はアームの延長だけでは装着はできません。
パッと見は解りませんが、これも一応「企業秘密(解る方は、結構なマニアックだと思います)」ということで…

自分なりの経験ではありますが、構造や部材をよく吟味してプロトを作製、また十分なテストをしてから出品しておりますのでどうぞご安心下さい。(でないと安易に出品はできないと思います…)


ヤフオクで、随時出品しておりますのでご興味がありましたら、是非ご覧下さいませ。


オイルライン強化ボルトの紹介ページはこちらからblog-entry-9.html









スポンサーサイト



『オイルライン強化ボルト』再出品中!

いつも、アクセスいただきまして誠にありがとうございます!

本日、お知らせしておりました『オイルライン強化ボルト』の再出品をいたしましたので
ご報告いたします。


イメージ 1


セット内容は前回と一緒ですが、7ミリボルト(画像左)のカラーが今回は「黒染め(スチールブルー仕上げ)」となります。


イメージ 2


また、部材の都合などによりまして、入札価格をどうしても1割弱ほどの割増しをせざるおえませんでした。(なんとか頑張ってみたのですが…)

再度、前回のシルバーカラータイプ(亜鉛メッキ仕上げ)が入手できましたら何とかできると思いますが

いかんせん、このご時勢と中空ボルトの薄需要により、製造元の生産ロット数次第で価格に変動がありますことを、どうぞご了承下さい。(どうしても、需要がほとんど無い特殊なモノなもので…)

いずれにしましても前回同様に、是非ご愛好いただきますようよろしくお願いいたします。

強化ボルトの詳細紹介ページ:blog-entry-9.html


また、その他のオリジナルパーツもよろしくお願い致します!

『オイルライン強化ボルトセット』 の再販決定のお知らせです!

いつも沢山のアクセスをいただきまして、誠にありがとうございます!


イメージ 1



先日、お知らせいたしました別ルートからの部材が思ったよりも早く入手できました。

ただし、 非常に少なくて一桁分しか入りませでした。(残念です…)

画像の番号 2 のボルトの色が今回は「黒染め(スチールブルー加工)」 になります。

早速、今週末にでも時間を見ながらじっくり加工していきたいと思います。

毎回出品のたびに、落札をいただきまして 俄然やる気がでてきました!!

少しでも、 歴代の各XRに乗っていらっしゃるオーナーの方々にお役に立てれば幸い です。

余談ですが、先日落札していただきました方でXR350に装着されるとのことで

この『オイルライン強化ボルト』の実用品としての認識をご理解いただきまして

改めて感謝いたしております!!!

パーツセットが出来上がり次第、ヤフオクで再出品いたしますのでご愛好の程、よろしくお願いいたします。


パーツの詳細紹介ページ:blog-entry-9.html



ようこそ、そして初めまして!

メインテーマである「XR250」では、お世話になっています。

この書庫では、日常生活での色々な出来事や体験、また過去や未来についてのetcなどなどを
気ままに書いていこうと思っています。

興味がありましたら、ご覧くださいまし。

で、書庫の新開設にあたりまして、何故バイクにハマッテしまったかを改めて考えてみたいと思います。
多分、ルーツは「好奇心・探究心・スピード狂」にあると思います。

私が幼児期の頃の遊びというと、住んでいた環境が山だったこともあり自然がいっぱいで、四季を通じて毎日、近所の友達たちと野山を駈けずり回ってましたねぇ。
というか、今みたいなデジタル的な遊び道具なんかまったく無かった時代でしたから。

小高い山を新興住宅地にしたところだったので、一本通っている道でも遊び場にしていました。

どんな遊びかというと、買ってもらったばかりのブリジストン製「仮面ライダー自転車」(補助輪付き)を頂上から下の上り口まで「ダウンヒルレース(誰が一番早く降りれるか)」なんぞをやって近所の知らないおばちゃんによく怒られていましたねぇ…(危ないからというより、自分とこのカローラにぶつけられたら困るからだったんじゃないのかなぁ?昔は、自動車は高価なものでしたから)

人間って極めたいという欲求は、幼児期でも旺盛でこのレースも慣れてきたら、いかにブレーキを使わないでコーナリング(聞きは良いけど、ようはカーブをうまく攻めるかということです)するかなんぞを限界ギリギリまでやってました。補助輪付きなのでとても曲がりにくい記憶があります。

ある日、コーナリングの要領を覚えた私は、アウトインアウト走法(今考えたら自然にやっていました)を習得し、他の友達より圧倒的に早いコーナリングスピードで公道を攻めてました。ところが、何コーナーある内の、一番得意であった180Rのコーナーをいつものようにうまく攻めていたものの、コーナー出口ではらみ過ぎて、道横のU字側溝にフロントから突っ込んだところまでは覚えているものの、その後は記憶がまったくなく、気がつくと自分の家のリビングにふとんが敷かれた上に寝かされていました。

どうも、側溝にハマッて2~3メートル下の宅地に飛ばされたらしく、近所のおばちゃんに目撃され母親が駆けつて来たらしいのである。

運が良かったのか、体は軽い脳震盪だけで済んだが愛車はフロントフォークが折れ、シンボルのフロントライトが逝ってしまった。

「廃車」である。

当分、反省の意味で自転車は買ってもらえず家でウジウジしていたことを、本日風呂に浸かりながら、ふと思い出しました。

幼児期に体験した痛いことやショックな出来事は、何時になっても憶えているものです。

現代にこんなことしてたら、多分「おバカ」扱いされるでしょうねぇ?

みなさんの子どもの頃は、どんな遊びをしていましたか? (というより、強烈な思いでってありますか?)

『オイルライン強化ボルトセット』のお知らせ! パート2

いつも沢山のアクセス、誠にありがとうございます!


イメージ 1



先日、『オイルライン強化ボルトセット』の部材切れにつきましてお知らせいたしましたが、その後手持ちの在庫分はオークション外で販売する都合ができたため、只今ヤフオクにて出品中のセット分で一区切させていただきます。

で、代替部材の段取りをしているところですが、極数量ほどですが別ルートにて確保が何とかできそうな感じです。

部材の材質や規格は同品質なのですが、オイルラインからシリンダーヘッド内へ導入するオイルボルト(画像2のボルトです)が画像 1 のボルトと同じ色(黒染め仕様)になりそうです。

現在のシルバー色(亜鉛メッキ仕様)の部材確保は、5月以降の予定(未定)?ですのでシルバーをお好みでご入用の方がいらっしゃいましたら、ヤフオク出品中にお求めいただければと存じます。

もし、黒染め仕様(スチールブルー加工)がお好みの方は、次回の出品までしばらくお待ちいただければと思います。(ちなみに、予定価格は現出品と同額にしたいと思いますので、何とか仕入先との交渉に努力いたします!)

『オイルライン強化ボルトセット』がこんなに反響と引き合いがあるとは、正直思ってもいませんでした。自分でもビックリしています。

沢山のヤフオクユーザー様に、実用品としてのご理解をいただき誠にありがとうございます。

また再出品の時期がはっきりいたしましたら、この場を借りましてご報告いたします。ご覧いただきありがとうございました。


詳細紹介ページ:blog-entry-9.html




『オイルライン強化ボルトセット 』についてのお知らせです!!

いつも沢山のアクセスをいただきまして、誠にありがとうございます。

イメージ 1


只今、ヤフオクで沢山のアクセスとウォッチ、また毎出品の落札をいただいております、『オイルライン強化ボルトセット 』につきましてブログをご覧いただいてらっしゃいます皆様にご報告がございます。

というのも初出品以来、毎回落札して頂いていることを踏まえて部材を確保しようとしたところ、元々あまり需要の少ない部材のため、現在製造メーカーに在庫が無く、只今出品中のものと手持ちの在庫数しかございません。

メーカーに次の出荷時期を確認したところ、「未定とのこと」でしたが少なくとも5月以降にならないとはっきりした返事ができないとのことでした。

当方としては、オークションで需要がありましたら随時出品したいと思っていますが、部材がなければさすがに『お手上げ』状態です。

一応、別ルートにて同品質の部材の確保を努力してまいりますので『オイルライン強化ボルトセット 』が出品されていましたら,引き続きご愛好いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。


詳細紹介ページ:blog-entry-9.html



ガソリンタンクの変更と自家塗装!

イメージ 1

XR250のガソリンタンクは、スリムでとてもニーグリップがしやすい形状だと思います。
XRシリーズで、シャスタホワイトカラーのタンクグラフィックデザインの中でも一番気にいっています。

ただ、キャブセッティングをオープン気味にしている都合、燃費が2st並みなのでガソリンの容量がノーマルタンクでは心細く、以前から容量アップしたいなぁと思っていました。で、アフターパーツでポリタンクを探していましたが、ちょっと見た目がオーバーな感じになるのと経過年数による特有の退色劣化が嫌だったので、BAJAの14.5ℓタンクがベストと思いやっぱりヤフオクで物色。程度が良いとこの手のパーツは結構な高値で取引されていましたが、リビルトする手間や長く使うことを考え、あえて美品を奮発して落札。
イメージ 2

とりあえずフィッティングの確認をすると、やっぱり純正だけあって違和感なく装着でき満足。高さはXR250タンクとほとんど一緒で、前方で容量を稼ぐように広がっておりまたがってみるとシュラウド付きのXRに乗った感じです。(シッティング時のニーグリップがしやすくなりました)

カラーリングは、もちろんホンダ伝統の「ファイティングレッド」でデカールは00式に決定してさっそく部材の手配。
ファイティングレッドはデイトナの純正カラースプレーを3本、仕上げは業務用2液性ウレタンのクリアスプレー1本を使い、ガソリンが垂れても塗膜が溶けないようにします。

イメージ 3

ケレンは、まずBAJAのデカール剥がしから始め前塗装は剥離せずにドライペーパー#400で足付け処理。マスキングをしてから、まずはプラサフで下地作り。3回ほど吹いて乾燥させて落ち着いてから耐水ペーパー#800で斑無く研磨して処理完了。

エアで埃を吹いてから上塗りの開始。こちらも斑がないように何回にも分けて吹いては乾燥の繰り返し。いったいどのくらいの量が必要かが解らなかったけど、表2本・裏1本でうまく使い切りました。

イメージ 4

塗膜を完全に落ち着かせるためさらに1週間ほど完全乾燥させてからとりあえずフィッティング。
パッと見は、ポリタンク風に見えてデカール貼らなくてもいいかなぁと自己満足。

イメージ 5

上塗りの表面画像です。多少凸凹っぽい感じで完全乾燥しました。後で耐水ペーパー#800・#1000の順で表面処理してテカテカにします。

イメージ 6

で、デカールを左右均等に貼ってから仕上げのクリアを塗装します。クリアは上部と側面を中心に厚く塗膜を作ってから完全乾燥させて、耐水ペーパー#800・#1000で処理した後コンパウンドで鏡面処理をしてやっと完成です。

我ながら良い出来具合に仕上がって満足です!

イメージ 7

おかげで、剣山スーパー林道に行った時は無給油で完走できました。(ただ、こけて潰したくなかったので、かなり慎重な走りになってしまいました…)
ちなみに、後ろのXR250が本当の00式です。タンク形状の違いがよく解ると思います。
http://i.yimg.jp/images/auct/blogparts/Seller300250Pink.swf?s=2&cl=1&sl=senbaxr250&di=0&od=1&ti=&pt=2

純正ボルトとオイルライン強化ボルトセットの比較!

いつも沢山のアクセス、誠にありがとうございます。

只今、ヤフオクに出品中の『オイルライン強化ボルトセット 』の続編です。
イメージ 3

XR・XLRのオーナーの方で、腰上をOHした方ならご存知かと思いますが、純正のオイルボルトの形状がどうなっているのか解らない方のために、この画像をアップしましたので参考にご覧下さい。

イメージ 1

左がオイルポンプからオイルラインに導入する純正ボルト、右2本が『強化ボルトセット』です。そのうち 1 がオイルポンプからオイルラインに導入するオイルボルト、 2 がオイルラインからシリンダーヘッド内へ導入するオイルボルトです。

比較して見ていただけばお解りになると思いますが、純正ボルト(ちなみに、オイルラインからシリンダーヘッドへ導入する純正ボルトの導入口径も画像左と同径)と強化ボルトでは導入口径がこれだけ違います。(3割増)

イメージ 2

また、ボルト先端の仕上げ加工もご覧のように形状が違います。(左が純正ボルト、右が強化ボルト
純正は、寸胴で先端処理もそのままですが、強化ボルトはエンジンオイルを速やかに導入するためにテーパー形状にしてあります。

なお、ブラックカラーは切削加工後、再びスチールブルー仕上げを施して完成します。

構想を現実にするには大変苦労しました。

色々な材質を精査して、強化ボルトに適した部材を見つけたものの、この導入口径と先端加工を製作するは容易ではありませんでした。何故かというと、見てのとおりオイルボルトは中空形状のため、過度の口径拡大をするとボルト自体が強度不足になり、メーカーの規定トルクでボルトを締めることができなくなってしまうので、10分の1㎜以下の精度で加工しなければならず、またボルトの材質が通常のボルトに比べて非常に硬い合金なので、切削加工が一般鉄鋼材よりとても難しいのです。

しかし、実用品として完成した時は本当にうれしかったです!(完成までにボルトを何本捨てたことか…)

初出品以来、おかげさまで毎回落札していただいており本当に感謝しております。


アクセスいただきありがとうございます!

イメージ 1

ブログを立ち上げて数日経ちますが、思ったよりも訪問していただき誠にありがとうございます!
また、早速ファンの方もついてもらって正直、ビックリしています。

いずれのパーツは、XRに乗っていて経験したことやこんなパーツがあったらいいなぁと、自分なりの考えを現実化させ、実装して効果を確認してからオークションに出品しております。

本業の片手間に、ひらめいたアイデアをメモっておいて、プロトを製作してはテストを繰り返しながら実用化できるものを色々考えている次第です。

また、近日中には新たなパーツを紹介できると思いますのでご期待?ください。

ヘッドライトのHID化!

イメージ 1

最近は、自動車でも標準装備されているHIDライトですが、オフロードバイクも昔はハロゲン35Wから55Wになってそこそこ明るくなりましたが、オンロードタイプと比べるとやはり行燈(あんどん)。

イメージ 2
もっとも、ライトの明るさはレンズの大きさによって照射範囲に限りがあるので、純正レンズでHID化は限界と思い、いっそBAJAのライトでも流用しようかなぁと考えていた時、逆車XR400Rのライトユニットのことを思い出して資料を色々調べてみると、純正ライトレンズの2,5倍強の面積でレンズもガラスのタイプもあることが解り、さっそく物色。

イメージ 3
で、いつものヤフオクでアンテナを張っているとなんとタイミングの良いこと、非常にグットコンディションのユニットASSYを発見して、思ったよりも安価にて入手。

さすが純正だけあって、ボルトオンでポン付けできました。

イメージ 4
効果はというと、バッチリというかどうも対向車や前車には眩しいようで、ちょっと迷惑かもしれませんが、逆に言うとそれだけ存在位置をアピールしていると自分では思っていますが…

イメージ 5
HIDユニット本体は、全てライトカウル裏に集約。デジタルバラストなので超うすです。それと、オフで使うことを考えて、あえてロー=HID、ハイ=ハロゲンタイプにしてます。(HIDが切れても予備球として使いたいから)

結構あっちこっちの林道(剣山スーパー林道等々)に行ったり、通勤に乗っていますが今のところトラブルはありません。(通算3年ぐらいの実装です)

※最近は、安価のキットがよく出ていますがある程度の価格で、保障とアフターパーツが揃う取扱店がよろしいかと思います。(オークションで1円スタートはちょっと怪しいかも…)

プロフィール

TWR PRODUCTS

Author:TWR PRODUCTS
初めまして!TWR(Thousand Wave Racing)と申します。
ノーマルを基本としたXR250(MD30)のチューンをしています。あまりお金を掛けずにいじること「チープチューン」をモットーに、いろいろ製作開発しています。個人レベルですが参考になれば幸いです。

自己紹介
根っからのオフロードライダーです!
乗り始めはMTX50から始まりMTX125、CRM250Rと乗り継いで今はホンダ伝統の名車XR250V(97式)を乗って林道、レース、ツーリングといじりまわすに飽き足らず、自分でオリジナルパーツを製作しています。RFVCエンジンやオイル系統ならお任せください!
また、『ヤフオク』をはじめとしてヤフーショッピング・直販サイト・Amazon でも製作品を頒布していますので興味があったらご覧下さい。
モットーは「チープチューン」です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR