FC2ブログ

『オイルライン強化ボルト』 のリニューアル出品開始のお知らせ!!!

イメージ 1

いつも沢山のアクセスをいただきまして、誠にありがとうございます。


イメージ 2




イメージ 3

注:画像は、従来出品セットです。


従来からオークションで出品しております当方オリジナル製作の『オイルライン強化ボルト』につきましては

国内超有名XRチューナー様サイト掲載でのご意見を頂戴いたしましてからは、各ネットのサイトやブログ etc で大変な反響がありまして、いろいろな憶測や風評が飛び交い、出品責任者の当方といたしましたは非常に困惑した心境でありました。

すでに落札していただきましたXRオーナー様にも誤解をや不安を招かないように『当方の出品パーツに関するお知らせ』を前回更新の時に掲載させていただいたところ、落札していただきましたXRオーナー様からも励ましのお返事を賜りまして、現在は一応のところ一安心といったところでございます。

前回更新記事 blog-entry-29.html


さて、今回の件をきっかけといたしまして当方もいろいろと考えた結果、従来出品の3割増でも何ら支障をきたすことなく強化パーツとしての実用性と機能を果たしているところではございますが

このたび、当方といたしましては今一度『構造や有効吐出口径』を改めて見直すことによりトータルバランスやさらなる信頼性を確保して、これまで以上に各XRオーナー様に実用品としてのご理解をいただけますよう


『オイルライン強化ボルト』 のリニューアル出品をすること決断いたしました。


よく勘違いされるのですが、某超有名XRチューナー様のところで 【ご販売】 されていらっしゃる 「オ○フ○スオイルボルト」 の真似では決してございません!

前回にも触れましたが、当方が実用考案のもとに各口径のプロト製作の経緯をもちまして、愛車に実装のうえで『実用パーツ』としてオークションを媒体に 【ご紹介】 させていただき、ご好評をいただきまして今日を迎えました。

バイクが趣味で、XRが大好きで、ただ乗ることでは飽き足らずにいろいろと実用パーツを自分自身の手で製作し、いつまでも愛車のXR250と末永く付き合えるよう考案したパーツのうちの一つでございます。

今回の出来事におきましても私の信念は変わりませんし、モットーでもある【チープな(安価)チューン】をもとに、これからも実用パーツが完成すれば皆様にご披露していきたいと思いますし、またXRいじり何らかのヒントになればと考えております。

皆様それぞれ価値観が違いますし、チューンの方法は無限にあります。その中から自分自身が「これは良いのでは?」とチョイスしながらトータル的なチューンの方向性を考えていくものだと思っております。

ご覧のXRオーナー様におきましても、もし当方の『強化パーツシリーズ』にご興味がございましたら是非一度、オークションを覗いてみてください。

※ もちろん、従来セットの3割増をご希望でございましたら喜んで製作いたします。

そして、ご覧のXRオーナー様のお役に立てる「実用パーツ」認識いただければ幸いでございます。


オークションに出品しておりましたら、これからもご愛好の程よろしくお願い申し上げます。


オイルライン強化ボルト関係の詳細ページはこちらからどうぞ!

blog-entry-4.html

blog-entry-9.html

blog-entry-24.html

blog-entry-28.html





スポンサーサイト



当方の出品パーツに関するお知らせ!

いつも沢山のアクセスをいただきまして、誠にありがとうございます。

久しぶりの更新でございますが、まずXRオーナーの皆様の中で、当方の「オイルライン強化ボルトセット」をご使用していただいているオーナー様にお知らせがございます。

既に、ご存知のXRオーナー様も数多くいらっしゃると思いますが、某有名XRチューナー様のサイトにおきまして、『当方が出品したであろう』オイルボルトにつきましてチューナー様のご見解が記載しておりますページがございます事を出品ご質問欄よりお知らせいただき、取り急ぎ現在出品中の各ページに以下の更新記事を掲載いたしました。


※ 沢山のアクセスとウォッチをいただきまして、誠にありがとうございます。

 さて、先般某XR有名チューナーのサイトにて 当方で出品したパーツの可能性? のあるオイルボルトについてのご見解が記載してある記事を確認いたしました。当方は開発に当たりまして何種類ものプロトを製作、実装のうえ自分自身のXRにてデータを集めた結果での最大有効の吐出口径で製作いたしております。現在も実装10年経過しておりますがご指摘されている「ピストン及びヘッド各部位やミッション関連パーツ」におきましては、【全く支障なく】その機能を十分果たしており ”危険” ではありません。
 今回のチューナーコメントにつきまして、もし当方が製作したパーツであったとすれば、XRを愛する一製作者として非常に遺憾であり、既に当方のパーツを落札してご使用されていらっしゃる方々に対して『不安や恐怖』に陥れかねない発言です。もっぱら、あちらはご自身の持論のもと、エンジンや給排気等のトータルチューニングを施した上での見解でしょうし、またこれだけ有名な立場ですからそちらを支持するしないかは、オークションをご覧のXRオーナー様のご判断にお任せいたします。

かの有名なチューナー様からご意見を頂戴いただけるとは、ある意味「光栄」でございます。

あちら様はチューニングを職業とされている「有名ブランド」であり、もっぱら私は『無印○品』とでも例えたらよいでしょうか?

私はあちら様オリジナルのオイルボルトはご拝見いたしておりませんのでその構造等の詳細はよく解りません。

しかしながら、私の試行錯誤の考案によりオリジナル製作いたしました「オイルライン強化ボルト」を愛車のXR250に10年間実装して現在に至っておりますが、皆様にご納得して頂けるように7月17日現在の愛車の中身を以下の画像で公開いたしますので、各パーツをご覧いただければ【決して危険でない】ことをご理解していただけると信じております。

1 前回OH後の走行距離16,131km
2 使用形態は通勤(週5日:平均12km)、ツーリング(ON&OFF:剣山スーパー林道等)、コース走行etc
3 使用オイル:カストロールPower1 R4 Racing 10W-50(常識範囲内の定期交換及びフィルター交換【純正部品】)
4 冷却装置:ドリームトキ製アルミパイプクーラー及びXR400R用クーラー


イメージ 1

各ロッカーアームの状態です。ちなみに、前OH時はEX側の右(手前一番右側)のみ交換

イメージ 2

イメージ 3

各カム当たり面の拡大です。(採光の都合、綺麗に写っていなくて申訳ございません…)

イメージ 4

カムシャフトの画像です。吸気側排気側ともご覧のような状態です。無論、カムシャフト自身の潤滑吐出口(カム山に開いている小さな穴です)からも十分潤滑しております。

イメージ 5

エンジン背面からの画像です。カム山の表面も指ざわりでササクレや巣穴は一切ありませんでした。



以上が現在の愛車XR250の中身です。

決して綺麗とは言えませんが、少なくともロッカーアームやカム及びカムシャフトには、有名チューナー様のご指摘のうえご心配されていた各パーツ群は、目視や触診を踏まえ『ダメージ』はまったくございませんでした。

また、ミッションにおきましても特段支障は無く(シフトフィーリングやギヤの入り、またクラッチ機構等)スムーズに作動しており、念のためミッションのオイルレベルも確認いたしましたが、エンジンオイルが確実に圧送さて十分な潤滑の機能を果たしておりますことから、トータルバランス的には何ら問題はございません。(問題の起きるようなパーツをわざわざ自分の愛車に実装してまでは、私も実用品としてご紹介はいたしませんので)

どうぞご安心してそのままご使用ください。

いろいろな憶測が飛び交っており当方も正直、困惑いたしているところですが
私が製作しオークションに出品いたしております各パーツは、私自身の「オリジナル」実用パーツ品でありますので、他の類似するパーツと比較していただく際はご自身のチューニングのお考えのもと、十分ご検討していただいたうえでご入札していただきたいと思います。(少なくとも、今後有名チューナー様にXRを委ねるご予定の方はそちらのトータルチューニングを施して頂いてください)

私のモットーは、ブログのサブタイトルのとおり『ノーマルを基本としたチープ 【安価】 なチューン』ですのでこの趣旨にご賛同していただける各XRオーナー様にご入札していただきたいと存じます。

 これからも、ご愛好の程よろしくお願い申し上げます。


オイルライン強化ボルト関係の詳細ページはこちらからどうぞ! blog-entry-4.html

blog-entry-9.html

blog-entry-24.html

blog-entry-28.html






プロフィール

TWR PRODUCTS

Author:TWR PRODUCTS
初めまして!TWR(Thousand Wave Racing)と申します。
ノーマルを基本としたXR250(MD30)のチューンをしています。あまりお金を掛けずにいじること「チープチューン」をモットーに、いろいろ製作開発しています。個人レベルですが参考になれば幸いです。

自己紹介
根っからのオフロードライダーです!
乗り始めはMTX50から始まりMTX125、CRM250Rと乗り継いで今はホンダ伝統の名車XR250V(97式)を乗って林道、レース、ツーリングといじりまわすに飽き足らず、自分でオリジナルパーツを製作しています。RFVCエンジンやオイル系統ならお任せください!
また、『ヤフオク』をはじめとしてヤフーショッピング・直販サイト・Amazon でも製作品を頒布していますので興味があったらご覧下さい。
モットーは「チープチューン」です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR