FC2ブログ

オイルクーラー製作外注パート3ですっ!

毎日、たくさんのアクセスを賜りまして誠にありがとうございます。




このたび、久々の『XR400Rオイルクーラーコンバートキット』の製作依頼がきました。


先日、ヤフオクでオイルクーラー本体を落札されましたオーナー様からの依頼であります。

イメージ 1



このオイルクーラー本体は、オークションでもなかなか出回らない一品でありまして、当方も毎日チェックをしておりますが、年に数回出るか出ないかといった感じです。




今までに何回かお問い合わせもいただいておりましたが、クーラー本体の入手が製作の基本条件となりますので断念されるオーナー様もいらっしゃいました。



今回ご依頼されたオーナー様も「半年間待った甲斐があった」と喜んでおられました。



早速ホンダパーツセンターに不足パーツの在庫確認をいたしましたところ、ラッキーにも在庫があり製作スタートと相成りました。


イメージ 2



このたびのゴタゴタにも関わらず、当方に製作依頼の機会をくださいましたオーナー様に感謝いたしまして、【名誉挽回】と心に誓うと同時に当方の持ち得る技法を駆使していく所存です。



既に2回の実績がありますが、初心に戻って一つ一つの工程を確実にこなしていくよう、腕を振るいたいと思います。


イメージ 3





各工程につきましては随時UPしていきたいと思います。
まずは、ご報告まで。

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/x5m8c/02.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/zidwk/02.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/c3d6d/02.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/jfa6c/02.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/5nihd/02.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/scd9k/02.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/g88mj/02.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1101_master/march_banner_250x70.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1101_master/february_banner_250x70.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1101_master/january_banner_250x70.jpg







スポンサーサイト



このたびは大変お騒がわせいたしております…

毎日、沢山のアクセスを賜りまして誠にありがとうございます。


題名のとおり、前回の更新におきましては大反響を起しまして、当方といたしましてもかなり強い口調の文章となりましたこと反省するとともに、当方のオークション出品に対する心構えを今一度述べておきたいと存じます。


当方は、『チープなチューン』をモットーに掲げて自分の愛車’97XR250を所有し、XRを愛するが故に自己流ながら自分のアイデアを生かしてオリジナルのパーツ製作をしてまいりました。



雑誌や各種インターネットなどで、同シリーズ車種をお持ちの各オーナー様の「こんなパーツがあったらいいなぁ」、「このパーツはどうにかして装着できないかなぁ」 という情報を知り得ることで、当方と同じ様な考えのオーナー様が沢山いらっしゃるのを実感しまして、 『それなら実際に製作して、賛同が得れるのなら頒布してみよう』 という発想の基、オークションという媒体をとおして今日まで出品させていただいている次第です。


今までに製作いたしました各種パーツ群は、愛車に実装したうえで実際に製作したパーツの効果や耐久性を検証し、強度や精度を見極める為に適正且つ有効な部材の選定、代替溶接や切削等の加工などを独自の視点と理論及び技法でおこなってまいりました。



そして排気ガス規制装置搭載XRを所有している同僚にも協力してもらい、モニタリング車両として該当パーツ群を実装させてエンジンフィールや各パーツにおける有効性や効果などの意見を参考にして、製作当初からのパーツに対する改良の余地を見出すこともできております。


また、部材の手配におきましても品質にこだわりまして専門業者を開拓し、高品質且つ安定供給を目指して現在に至っております。


お陰様をもちまして、今日までに当方の製作品に多大なるご理解、有効性や効果などにご賛同いただいた各オーナーの皆様に数多く落札していただき、感謝に耐えません。


時には励ましやご丁寧なお礼をいただいたり、また「こんなパーツは出さないのですか?」「こんなパーツは作れますか?」といったリクエストを頂戴することもあり、この頒布を始めてから『趣味が高じた事とはいえ、同じXRを所有するオーナー様のお役に立てることができて非常に嬉しい』という気持ちの反面、『他人の大事な愛車に使用してもらうという事は、大変な重責を担う』という責務も同時に生ずる事だと当方は常々考えております。


ですから、オリジナルパーツを製作する一製作者としての気持ちとして出品の際は、必ず出品説明はなるべく丁寧に各パーツの特徴や有効性はもとより、使用部材の効果や応用性などを解りやすく説明するのが製作した者の義務であり責務であると当方は思います。


部材の価格が変動したことによる価格の改定は【やむを得ないこと】ではありますが、出品者による意図的に見える、又は明らかな出品価格の操作は、当方は見ていて≪非常に遺憾であり不愉快さ≫を感じます。

以前にも触れたことがありますが継続した同じ出品物を ≪落札されないから出品価格を下げよう、又はヒットしたから今のうちに出品価格を引上げよう≫ という行為は既に落札された方や入札を考えている方達に対して不快な思いをさせるのではないでしょうか?


オークションは≪ビジネスとしての手段だ≫と割り切ったお考えの出品者なら話は別ですが…


中には、新品であれ中古品であれ『誰かの役に立つのであれば使って欲しい』という気持ちの出品者の方達もいらっしゃると思います。(特に車やバイクパーツ等はこの傾向が多いと思います)

その中で価格と価値が比例しており、出品者と入札者のお互いの意思が疎通した時にオークションが成立するのではないかと当方は考えております。


当方は ≪落札=儲かる≫ では無く 【落札=製作品の価値を認めてもらった】 という価値観でありまして正直な話、原材料費と使用工具の電気代とたばこ銭(程度)が戻れば何も言うことはございません。

家族に怒られてでも製作に没頭できることが何よりの幸せであり、大げさな表現かもしれませんが『生きがい』さえ感じております。

類似品が出てきても、それは良きライバルであり当方としても『自己研鑽』として競い合いたいという気持ちですが、今回は行き過ぎたところがありオークションをご覧の方々を不快にさせてしまったと、つくづく反省いたす次第でございます。

今後この様な事態が起きないよう行動や言動を慎む所存でございますので、これからも当方の製作品に対しご理解とご賛同いただけましたら幸いでございます。

AIシステムキャンセルセットに関します重要なお知らせ

毎日、沢山のユーザー様に閲覧していただきまして感謝に耐えません。


今回は題名のとおり 『重要なお知らせ』 として、この場を借りましてご覧の皆様にご報告をさせていただきます。

すでにご存知のユーザー様もおいでかと存じますが


一昨日、当方の 『XR250シリーズ専用AIシステムキャンセルセット』 の出品に対して
≪類似出品者≫ が自身のオークション出品ページに事もあろうか、 「商品追加説明欄」 当方のヤフーIDをフルネームで公開するという威力的妨害行為の事実を確認しました。



このことに対し、当方といたしましては明らかに『出品妨害及びプライバシーの侵害』として
本日付けで【ヤフーオークション】に対し、この事実をヤフーオークションのガイドラインに照らして抵触した行為とみなし、違反通告として個別通告いたしました。



正当な出品説明を掲載しているオークション出品者に対して、社会通念上常識では到底考えられない≪違反通告された≫という自己中心且つ自分勝手な思い込みのうえ、暴挙な手段を取られたことで、今後の当方の出品における『XR250シリーズ専用AIシステムキャンセルセット』出品の取り下げや『当方の信用失墜』を明らかに狙った行為であり、大変遺憾であり且つ憤慨いたしております。



この様な事までしてでも、≪完成度の低い作成品で自分の利益を追求するという根性≫に甚だ呆れると同時に、オークションの出品者としてあるまじき行為であると再認識し、この様な卑劣な手段を取った≪類似出品者≫に対して、次の事項を要求するものであります。

・現在当方のIDを公開している出品ページを即時、全て取り消すこと。

・今後XRに関する、≪完成度の低い≫類似品の出品を差し控えること。

・出品ページにて、当方に対する謝罪を掲載すること。


以上のことを約束できない場合は、知人の弁護士に相談の上【名誉棄損】として法的措置も視野に入れたアクションを起こす用意もあることをご報告させていただきますので、心当たりのある≪類似出品者≫は、自分の胸に手を当て今一度ご自身がした行為をよく考えてもらいたいものであると、ここに警告するものであります。



また、既に当方の出品を落札していただきましたXR及びGB車種の各オーナー様には大変なご迷惑をお掛けいたしましたことを、この場で深くお詫び申し上げますとともに引き続き皆様の期待に応えられるよう強化パーツシリーズを始めとしたオリジナル製作品のオークションを媒体とした 頒布 を継続させていただきますので、どうか当方の製作趣旨である  『製作品の機能性を最重視した完成度とさらなる品質保持』  に対するご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げる次第でございます。


『自分の身は自分で守らなくてはならない』のでこの事態を皆様に知っていただきたく、やむを得ず大変つまらないお話を記載いたしました事に際しまして申し訳ありません。


なお、当方の製作理念である 『チープなチューン』 をモットーにこれからもお役に立てる 【完成度の高いパーツ製作と更なる検証及び研究】 に精進してまいる所存でありますので、ご興味がございましたら一度オークションをご覧下さい。


プロフィール

TWR PRODUCTS

Author:TWR PRODUCTS
初めまして!TWR(Thousand Wave Racing)と申します。
ノーマルを基本としたXR250(MD30)のチューンをしています。あまりお金を掛けずにいじること「チープチューン」をモットーに、いろいろ製作開発しています。個人レベルですが参考になれば幸いです。

自己紹介
根っからのオフロードライダーです!
乗り始めはMTX50から始まりMTX125、CRM250Rと乗り継いで今はホンダ伝統の名車XR250V(97式)を乗って林道、レース、ツーリングといじりまわすに飽き足らず、自分でオリジナルパーツを製作しています。RFVCエンジンやオイル系統ならお任せください!
また、『ヤフオク』をはじめとしてヤフーショッピング・直販サイト・Amazon でも製作品を頒布していますので興味があったらご覧下さい。
モットーは「チープチューン」です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR