FC2ブログ

エンジンコンディションを探るパート3!!

毎日、たくさんのアクセスをいただきまして誠にありがとうございます。


今年に入って何かと忙しく、更新が全くできないまま今日に至ってしましました…

物事の例えで 1月(行く)、2月(逃げる)、3月(去る)と言いますが、今年はまさにそのとおりであっという間に3ヵ月が経ち、時間だけが刻々と過ぎている感じです…


では、さっそく本題に入ります。前回まではエンジンヘッドを開封して燃焼室やバルブ、ピストンヘッド及びシリンダー内部の状態を確認していきました。


今回は、各バルブとシリンダーヘッド及びポートへの本格的なチープチューンを施していきます。




まずはシリンダーヘッドとバルブを洗浄して現在の状態を確認します。

燃焼室のカーボン蓄積は薄かったので綺麗に落ちましたが、各ポートは思いのほかカーボンが頑固に付着していたので本洗浄後に各ポートのみワイヤーブラシを駆使して取り除きました。また、EXバルブ、INバルブとも本洗浄でひとまず綺麗になりました。






シリンダーヘッドASSYの状態

イメージ 1

イメージ 2








INポート、EXポートとも製造時にできる鋳造金型の合わせ面が非常に目立つのと、特にINポートの開口形状が均等でないのがXRシリーズの特徴であり、左右のポート形状(特に入口付近)が揃っていないことやポートを分ける中央部のリブも決して良い形ではなく、これが吸排気の妨げにもなっているのです。

左右の形状が揃うように削り込みながら鏡面仕上げをしていきます。また、吸気抵抗になりそうなリブの形状も合わせて修正します。


INポート修正前
イメージ 3

イメージ 4



INポート修正後
イメージ 5

イメージ 6






EXポート修正前
イメージ 7

イメージ 8



EXポート修正中
イメージ 9

EXポート修正後
イメージ 10











各バルブの状態は、いずれもコンディションは良好なのですが、ポート同様に鏡面仕上げを施して吸排気の効率化を図ります。また、各バルブフェースはあたり具合が薄く感じますのでポリッシュ後にバルブシートを摺合せして気密性を高めます。



画像上:バルブ修正前
画像下:バルブ修正後
イメージ 11




画像上:バルブ修正前
画像下:バルブ修正後
イメージ 12





鏡面仕上げは、バルブガイドから出る部分のみ研磨します。また、バルブ底部にある刻印も抵抗にならないよう削り込んで仕上げました。





次に各ポートごとのバルブをバルブシートに馴染ませるため、タコ棒と専用コンパウンドを使って丁寧に摺合せていきます。低走行車ではありますが、やはりバルブフェースのあたりがいずれも薄いので、純正出荷状態のままでは燃焼室の気密性は期待できません。なので、ここはきっちりと作業工程を進めます。ただ、いつもながら思うのですが、この作業は単調でとても地味なのが少々退屈に感じるのですが、後の仕上がり具合に影響が出ますから気を抜かずに集中して確実にこなしていきます。



イメージ 13


イメージ 14




竹とんぼを回し飛ばすような要領で、シートにあてながら擦り合わせるという複合技を必要としますが、久しぶりなので最初はおぼつかずタコ棒が思うように操作できずイライラしてしまいました…





完成したバルブとシートをよく洗浄して各ポートに収めた後、気密性を確認するために定番の燃焼室に灯油を満たしてから1時間程度放置して、各ポートから滲みや漏れがないかを確認します。

先の作業工程の効果もあって、漏れ滲みも無く無事に摺合せ作業は完了しました!(燃焼室の灯油が減っていたらどうしようと内心気になってしまい、他の作業をしながらも集中できない小心者であります…)

イメージ 15








最後はピストンです。


当初はシリンダーも外そうと思っていましたが、ピストンヘッドはカーボンが薄く付着しているだけであり、シリンダー内壁も現状では問題ないので上死点まで上げてピストンヘッドのカーボンのみを除去しました。
イメージ 16

ピストンヘッドは盛り上がった形状でレーサー特有のハイコンプレッシション仕様です。



次回は、シリンダーヘッドASSYと強化カムチェーンテンショナー及びクラッチASSYを組付けます。



今年も皆様のお役に立つ様な内容を定期的に更新していきますので、何卒ご愛好の程よろしくお願い申し上げます。
https://image.auctions.yahoo.co.jp/button01.gif

ヤフオクマイブース Powered By TWR PRODUCTS こちらをクリック!!






スポンサーサイト



プロフィール

TWR PRODUCTS

Author:TWR PRODUCTS
初めまして!TWR(Thousand Wave Racing)と申します。
ノーマルを基本としたXR250(MD30)のチューンをしています。あまりお金を掛けずにいじること「チープチューン」をモットーに、いろいろ製作開発しています。個人レベルですが参考になれば幸いです。

自己紹介
根っからのオフロードライダーです!
乗り始めはMTX50から始まりMTX125、CRM250Rと乗り継いで今はホンダ伝統の名車XR250V(97式)を乗って林道、レース、ツーリングといじりまわすに飽き足らず、自分でオリジナルパーツを製作しています。RFVCエンジンやオイル系統ならお任せください!
また、『ヤフオク』をはじめとしてヤフーショッピング・直販サイト・Amazon でも製作品を頒布していますので興味があったらご覧下さい。
モットーは「チープチューン」です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR