FC2ブログ

三代目シートの製作!!!

毎日沢山のアクセスを賜りまして、誠にありがとうございます。


当方のXR250(MD30)も今年で19年目となり、かなりくたびれてきた感もありますが、コツコツと手を入れていきながら現在に至っております。


その中でも、とりわけシートについては長いローテーションでその耐久性能を保っているパーツの一つですが、やはり年月には勝てず最近になってシート表皮の硬化や変色、またお尻との接地面などは特に劣化が進み、その役割が果たせなくなってきましたので今回シートのメンテを施すことにいたしました。

イメージ 1

イメージ 2




現在の2代目シート表皮を交換したのは9年前でしたのでかなり頑張ってくれました。そこで、今回も同じところから表皮を仕入れて施工することにいたしました。




新品の表皮が届いて思ったことは、「こんなに綺麗な発色だったのか」ということです。
比べれば一目瞭然、決して現在のシートを洗わなかったわけではありませんがあまりにも色の違いに改めてビックリいたしました。
イメージ 3






早速シートASSYから表皮を剥がしていき、肝心なシートスポンジの状態を確認します。

イメージ 4




表皮の性能が良かったせいもあって、スポンジ表面は擦れや水分によるカビ、劣化は見受けられませんでした。また、へたりもほぼないので、このまま再利用することにします。




シート表皮は専用なので、形状が立体的に裁断されておりシートにかぶせるだけでほぼ位置決めができますが、裏をタッカーで止めていくときの張力の加減で仕上がりに大きな差が出ます。




当方は、まず左右前後を借り止めしておき基本的な位置を確定してから、左右対称に長辺を順に本留めしていきます。角度のきつい箇所は余る表皮を織り込んで留めます。
イメージ 5




表皮を打ち込んでいくタッカーは、本来であれば建築用の強力な物があればよいのですが、そうしょっちゅうは使わないので、ダ○ソーで売っているタッカーを使用しています。ただし、5回打ち込んで1回成功する感じなので作業効率はかなり悪いですが、使い切りと割り切ればよいのではないでしょうか?


で、完成となりました。
イメージ 6





しかし、このままではやはりのっぺりして面白くないので前回同様左右に「250R」のレタリングを施すことにするため、段ボール紙でステンシルを作成します。
イメージ 7




マスキングの上、垂れないように数回に分けてビニール専用のスプレーで塗装します。
イメージ 8





これで3代目のシート表皮が完成いたしましたが表皮が新品になっただけで外装も綺麗になり、また新鮮な気持ちでXRと付き合えそうです。
イメージ 9











関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ご連絡ありがとうございます。
別途、メールアドレスにてご回答させていただきますので
もうしばらくお待ちください。

No title

以前xr250の吸気系強化セットを購入した者ですがパイロットスクリューを紛失してしまいパイロットスクリューだけを購入したいのですが可能でしょうか?
非公開コメント

プロフィール

TWR PRODUCTS

Author:TWR PRODUCTS
初めまして!TWR(Thousand Wave Racing)と申します。
ノーマルを基本としたXR250(MD30)のチューンをしています。あまりお金を掛けずにいじること「チープチューン」をモットーに、いろいろ製作開発しています。個人レベルですが参考になれば幸いです。

自己紹介
根っからのオフロードライダーです!
乗り始めはMTX50から始まりMTX125、CRM250Rと乗り継いで今はホンダ伝統の名車XR250V(97式)を乗って林道、レース、ツーリングといじりまわすに飽き足らず、自分でオリジナルパーツを製作しています。RFVCエンジンやオイル系統ならお任せください!
また、『ヤフオク』をはじめとしてヤフーショッピング・直販サイト・Amazon でも製作品を頒布していますので興味があったらご覧下さい。
モットーは「チープチューン」です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR