FC2ブログ

フロントスプロケットカバーの小ネタ!

いつも沢山のアクセスをいただきまして、誠にありがとうございます!


『XRカスタム』 にて只今チープチューンを連載しておりますが、この時に判明したことをご報告いたしますので、該当するパーツを装着されていらっしゃるXRオーナー様は特にご注意を!


と申しますのも、左クランクケースを外す際に当然フロントスプロケットカバーが邪魔になるので外しますが、こういう機会がないと一度装着すれば大抵はそうめったに取り外すこともないパーツであり、外的影響を非常に受けやすく常に過酷な状況にあるパーツ群です。


しかし、あなどってはいけません!


このXRに装着されてしていたのは某有名アフターパーツなのですが、アッパー・ロアーとも2ピース構造(カバー本体の下にそれぞれカラーを通してフランジボルトで締め付ける)でありまして、通常であれば簡単にボルトを外すことができすはずなのに、何故かとてもキツイのです。


試しに、アッパーのフランジボルトを緩めようとすると、「ガキガキ」と手ごたえがして様子が『変』


軽くプラハンで打撃を与えてからようやく回りました。


外したボルトのねじ部を見ると、半固着状態で金属面が白く変色しているのです。


アッパーボルトを完全に外したと思ったら、何とロアーボルトの先端から最初の雄ねじ部が『ポロッ』と取れてカバーが脱落してしましました。
イメージ 1




つまり、ロアーボルトは完全に固着していて金属疲労ですでに切断していたのです。




イメージ 2

これが、そのフロントスプロケットカバーのパーツASSYです。
カラーの部分と各フランジボルトを見ていただければお解りと思いますが、カラー内部は完全に水分による白錆が発生しており、それに伴いフランジボルトにも影響を及ぼしています。


この手の構造物は、カバー形状が微振動に絶え難い構造で実際エンジンを始動するとカバーの先端から共鳴音が発生するほど不安定。


また、しっかりと接続しているようでもフランジボルトの外径に対してカラーに遊びがあるので隙間が発生し、知らない間に水分が浸透しこのような状況を起してしまいます。



結局、ロアーボルトの折れ残りはクランクケースの雌ねじに完全固着していたのでドリルで抜き飛ばしてからリコイル処理をして再生しました。
イメージ 3

イメージ 4





生き残ったアッパーの雌ねじはタップでねじ山を起し直して無事取り付けが完了した次第です。
イメージ 5



この手のカバーはデザインを重視しているだけで機能性や耐久性は、私から言わせると『全く無視』したものです。


いくら有名アフターパーツで高価でも、機能性や耐久性を十分考慮した製作品を作っていただかないと『ブランド』に傷がつきますし、信頼性の問題です。



構造物というのは複雑な形状を持たさずにダイレクトに、かつ確実に取付ができるものが一番です。



XRオーナー様方も、時々は確認してみてはいかがでしょうか?


https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/15/06/silver/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/15/05/silver/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/15/04/silver/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/11/silver/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/10/silver/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/09/silver/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/08/silver/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/07/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/06/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/05/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/04/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/03/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/02/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/14/silver/01/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/12/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/11/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/10/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/09/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/08/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/07/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/06/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/05/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/04/02.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/03/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/02/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/13/silver/01/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/12/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/ppe6i/01.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/b2bxm/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/b2bxm/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/5id3k/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/dp39w/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/g96hk/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/h4dne/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/phpgd/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/i9a9i/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/8zw4z/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/eg3b6/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/12/silver/egha9/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/9fsiu/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/y5677/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/x5m8c/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/zidwk/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/c3d6d/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/jfa6c/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/5nihd/03.jpg

https://s.yimg.jp/images/auct/promo/master/11/silver/scd9k/03.jpg


https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1001_master/august_banner_250x70.jpg


https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1001_master/september_banner_250x70.jpg


https://s.yimg.jp/images/auct/promo/1001_master/october_banner_250x70.jpg







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

TWR PRODUCTS

Author:TWR PRODUCTS
初めまして!TWR(Thousand Wave Racing)と申します。
ノーマルを基本としたXR250(MD30)のチューンをしています。あまりお金を掛けずにいじること「チープチューン」をモットーに、いろいろ製作開発しています。個人レベルですが参考になれば幸いです。

自己紹介
根っからのオフロードライダーです!
乗り始めはMTX50から始まりMTX125、CRM250Rと乗り継いで今はホンダ伝統の名車XR250V(97式)を乗って林道、レース、ツーリングといじりまわすに飽き足らず、自分でオリジナルパーツを製作しています。RFVCエンジンやオイル系統ならお任せください!
また、『ヤフオク』をはじめとしてヤフーショッピング・直販サイト・Amazon でも製作品を頒布していますので興味があったらご覧下さい。
モットーは「チープチューン」です。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR